提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


新たな産地形成に貢献する低アミロースの良食味水稲新品種を育成

2009年10月02日

-温暖地では極早生、沖縄では晩生の「ミルキーサマー」稲麦二毛作向きの多収「ミルキースター」-

作物研究所は、低アミロース米水稲品種「ミルキーサマー」と「ミルキースター」を育成した。「ミルキーサマー」は、温暖地では早期出荷用、沖縄では多収で良食味の品種として活用できる。「ミルキースター」は、倒伏しにくい良食味の「東北168号」と縞葉枯病抵抗性のある低アミロース米品種「ミルキープリンセス」の交配により育成した品種で、稲麦二毛作の多い北関東などでの利用が期待される。


詳細はこちらから