提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


水稲の作柄に関する委員会(平成21年産第1回)の意見について

2009年08月12日

水稲の作柄に関する委員会(平成21年産第1回)による意見が公表された。

「水稲の生育は、天候が5・6月においては全国的におおむね平年並みであったものの、7月以降日照時間が平年を大きく下回っていることから、稲体が軟弱徒長気味に生育していると考えられる。このため、作柄については、日照不足の影響に留意し、穂数や1穂当たりもみ数を正確に把握する必要があることに加え、いもち病や倒伏の発生状況に留意する必要がある」


その他、詳細はこちらから