提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(九州沖縄農業研究センター)水稲の多収新品種「ミズホチカラ」を開発

2009年05月15日

-米粉や飼料用米として多くの用途に利用可能-

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センターは、米粉原料用や飼料用など、多用途に利用できるイネ品種「ミズホチカラ」の開発に成功。福岡県では、飼料用米用途として21年度から作付けが始まるほか、熊本県で米粉パン等の用途向けにも普及が見込まれる。


詳細はこちらから