提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トピックス2008年11月


(九州沖縄農業研究センター)糖生産力に優れるソルガム品種「SIL-05」を開発

2008年11月28日

農研機構 九州沖縄農業研究センターでは、地球温暖化対策に向けたエネルギー作物開発への要望に対応して、糖生産力に優れるソルガム品種「SIL-05」を育成した。既存の高糖性品種に比べ、糖収量および日当り糖収量が高く、耐倒伏性は同レベルかそれ以上となっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(果樹研究所)黄肉で食味の優れたモモ新品種「つきあかり」を育成

2008年11月28日

農研機構果樹研究所では、果肉が黄色で食味が良いモモ新品種「つきあかり」を育成した。白肉モモ「あかつき」の1週間ほど後に収穫される中生品種で、黄肉の主要品種「黄金桃」より2週間程度早く収穫される。果実は220g程度、果皮は美しい黄色で、陽光面がわずかに赤く色付きます。果肉も黄色で糖 … 全文を読む>>

(九州沖縄農業研究センター)九州地域向けの晩播・夏播き用のとうもろこし新品種「なつむすめ」を開発

2008年11月27日

農研機構 九州沖縄農業研究センターでは、九州地域での自給飼料生産の拡大に向けて、晩播・夏播き用の飼料用とうもろこし品種「なつむすめ」を育成した。晩播(6月上旬)では既存の晩播用品種よりも14%以上多収で、夏播き(8月上旬)では既存の夏播き用品種より子実収量が40%以上多く、栄養収 … 全文を読む>>

20年度「子どもファーム・ネット活動コンクール」の募集締切り迫る

2008年11月26日

全国子どもファーム・ネット推進協議会とJA全中は、20年度「子どもファーム・ネット活動コンクール」の参加グループを募集している。応募締切は11月28日(金)当日消印有効。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「耕作放棄地の再生・活性化を考えるフォーラム」開催

2008年11月25日

耕作放棄地解消に向けての取り組みが各地で進められている中、(社)全国農業改良普及支援協会と愛媛県の主催で、「耕作放棄地の再生・活性化を考えるフォーラム」を開催。より具体的な再生手法や事例紹介、パネルディスカッションなどが行われる予定。参加費無料。12月2日(月)締切。 日時 :1 … 全文を読む>>

(農業経営統計調査)平成19年 個別経営の営農類型別経営統計(水田作経営)、(畑作経営)、(野菜・果樹・花き作経営)

2008年11月25日

農林水産省は、「平成19年個別農家の営農類型別経営統計(水田作経営)、(畑作経営)、(野菜・果樹・花き作経営)」についての調査結果を公表した。 ●水田作経営(全国)の販売農家1戸当たりの農業所得は37万円で、前年に比べ3.6%減少。 ●畑作経営(全国)の販売農家1戸当たりの農業 … 全文を読む>>

「地産地消給食等メニューコンテスト」の審査結果の発表

2008年11月21日

地産地消の取組推進のため、学校給食や社員食堂等を対象に提供される給食、外食や弁当において、地域で生産される農林水産物を使ったメニュー(地産地消メニュー)に関するコンテストを開催、審査結果が公表された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「担い手の今後の意向と経営動向に関する分析(水田作経営)」について

2008年11月21日

農林水産省は、平成19年営農類型別経営統計の調査対象のうち、10年間調査を継続している担い手農家(平成9年時点で主業農家であった農家85戸)について、10年間の経営の変化と併せて今後の意向(アンケート結果)をリンクさせて分析し、その結果を公表した。 ●10年間で経営規模拡大等によ … 全文を読む>>

平成20年耕地面積(7月15日現在)

2008年11月20日

全国の耕地面積は、462万8,000haで、宅地等への転用、耕作放棄地等などにより、前年に比べて2万2,000ha(前年対比0.5%)減少した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

第2回農林水産省改革チーム「有識者との意見交換会」について

2008年11月19日

農林水産省は、11月5日(水)に、第2回農林水産省改革チーム「有識者との意見交換会」を開催。神門善久氏(明治学院大学教授)及び中村靖彦氏(東京農業大学客員教授)を招いて、意見交換を行っ た。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年果樹及び茶栽培面積(7月15日現在)

2008年11月19日

果樹の主な品目別の栽培面積は、みかんは5万1,200ha、りんごは4万1,700ha、ぶどうは1万9,600ha、日本なしは1万5,000haで、前年に比べてそれぞれ1,200ha(前年対比2%)、400ha(同1%)、200ha(同1%)減少した。茶栽培面積は、4万8,000h … 全文を読む>>

「耕作放棄地対策研究会中間とりまとめ」について

2008年11月18日

農林水産省では、平成20年7月に、有識者による耕作放棄地対策研究会を設置、耕作放棄地の再生・利用の推進について議論を進めてきたが、このほど、同研究会の「中間とりまとめ」要旨が公開された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(花き研究所)データベース「花き類病害の診断・防除」を公開

2008年11月18日

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所は、花、緑化植物、花木等の病気を、写真を見ながら調べることができるデータベース「花き類病害の診断・防除」を公開した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

平成20年度病害虫発生予報第9号の発表

2008年11月17日

農林水産省より、今年度第9号の病害虫発生予報が発表された。水稲をはじめ多くの作物は収穫を終了したところだが、今後、施設を中心とした野菜類や花き類の栽培が多くなり、コナジラミ類、アザミウマ類、アブラムシ類の発生について注意が必要となる。これらの害虫は、ウイルス病の病原を媒介するもの … 全文を読む>>

第4回今後の野菜政策に関する検討会の概要について

2008年11月17日

10月31日(金)に開催された、「第4回今後の野菜政策に関する検討会」の概要が、このほど公開された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農研機構が飼料イネを活用した繁殖和牛の周年放牧による合理的な農地利用法を開発

2008年11月14日

(独)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)中央農業総合研究センター(中央農研)は、飼料イネを用いて水田で繁殖和牛を周年放牧する方式を、茨城県常総市の生産者とともに開発した。この方式は、電気牧柵を使って牛の行動を制御しながら、春から夏は牧草で放牧、夏から秋は飼料イネを栽培した … 全文を読む>>

果樹農業の最新技術を学ぶ研修生(一般入試)を募集

2008年11月13日

農研機構 果樹研究所では、果樹農業の後継者を養成するため、農業技術研修を実施している。このたび、平成21年度の研修生(一般入試)を募集。本研修は、修了後果樹農業の自営者として、また、果樹生産の現場において、指導者的役割を果たし得るような人材を養成することを主眼において指導を行って … 全文を読む>>

平成20年産麦類の作付面積

2008年11月12日

4麦の作付面積(子実用)は26万5,400haで、前年産に比べて1,400ha(前年産対比1%)増加した。小麦は前年産に比べて900ha減少したものの、二条大麦、六条大麦及び裸麦は前年産に比べてそれぞれ900ha(同3%)、1200ha(同8%)、330ha(同8%)増加した。  … 全文を読む>>

平成20年産大豆の作付面積(乾燥子実)

2008年11月12日

大豆の作付面積(乾燥子実)は14万7,100haで、前年産に比べて8,800ha(前年産対比6%)増加した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

セイヨウナシ新梢黒変(しんしょうこくへん)細菌病(仮称)の発見と対策について

2008年11月11日

山形県上山市の一果樹園において、西洋なしの新しく伸びた枝(新梢)が黒く枯れる病気が発生。防除・封じ込めと病原菌の分析を行った結果、病原菌はエルヴィニア属の新種の細菌であるものの病原性は極めて弱く、果実の表面と内部には病原菌が存在しないことが判明した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

ナス新品種「ひごむらさき」の産地を訪ねる(熊本県阿蘇郡高森町)

2008年11月10日

 熊本県が育成した、大きなナス「ひごむらさき」。いつか産地を見てみたいと思っていたが、このほどようやく生産者を訪ねることができた。  「まずは生のままかぶりついてほしい。おいしさがよく分かると思う。」生産者の森田勝さんは、自信たっぷりにこう話す。    左 :普通のナス(黒陽)と … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成20年11月)

2008年11月10日

11月の野菜の入荷量と卸価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。  ● 東北農政局  ● 関東農政局  ● 北陸農政局  ● 東海農政局  ● 近畿農政局  ● 中国四国農政局  ● 九州農政局  … 全文を読む>>

(東海農政局)平成20年度東海大豆現地検討会の概要を掲載

2008年11月 7日

東海農政局は、10月9日(木)に、大豆300A技術など大豆新技術の普及促進を目的とした検討会を開催したが、その概要・資料等が公開された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(北陸農政局)社員食堂における地場産農畜産物の利用に関する意向調査結果

2008年11月 6日

北陸農政局では、地産地消のさらなる推進を図る観点から、企業等の社員食堂における地場産農畜産物の利用に対する意向について、アンケート調査を行った。 回答があったのは企業51社(回収率43%)、給食事業者30社( 〃 47%)。うち、企業で社員食堂を有しているのは39%で、うち自社で … 全文を読む>>

(北陸農政局)平成19年度野生鳥獣類による農作物被害状況について

2008年11月 5日

北陸農政局は、野生鳥獣類による平成19年度北陸4県の農作物被害状況を取りまとめた。北陸における野生鳥獣による農作物被害状況は、被害面積4,749ha(前年度対比25%減)、被害金額66,412万円(前年度対比4%増)となっています。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

麦製品等の取引価格の推移(平成20年9月)

2008年11月 5日

●小麦粉の取引価格 卸売価格は、先月と比較して、ほぼ同水準となっている。小売価格は、特売を実施した業者数が減少したこと等から小幅ながら値上がりしている。 ●精麦の取引価格 卸売価格は、先月と比較して、同水準となっている。小売価格は、低価格帯の商品の取扱業者が増加したこと等から … 全文を読む>>

平成20年9月の国内産米穀の卸・小売価格の概況

2008年11月 4日

平成19年産米の卸売価格は、新米の出回り時期で19年産米の取扱業者数が減少している影響も考えられるが、前月と比較して、産地品種銘柄ごとに変動がみられる。また、小売価格は、値上がりしている産地品種銘柄が多くなっている。 平成20年産米の卸売価格は、前年同月と比較して、値上がりしてい … 全文を読む>>

平成20年度日本農業技術検定

2008年11月 4日

農業界での就業を目指す人のための、平成20年度日本農業技術検定の第2回試験(3級・2級)が開催される。 試験日  :12月20日(土) 申込み期間:10月27日(月)~11月28日(金) 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成20年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)

2008年11月 4日

水稲の作付面積(子実用)は162万4,000haで前年産に比べて3%減少し、10a当たり予想収量は543kg(作況指数102)の見込みである。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>