提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成20年産小豆及びいんげんの作付面積(北海道・乾燥子実)

2008年09月01日

●北海道における小豆の作付面積は2万3,400haで、価格の低迷により、他作物等へ転換されたことから、前年産に比べて400ha(前年産対比2%)減少。

●北海道におけるいんげんの作付面積は9,950haで、生産者団体による作付推進により、他作物等から転換されたことから、前年産に比べて600ha(同6%)増加した。


詳細はこちらから