提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成20年度病害虫発生予報第4号

2008年07月17日

向こう1カ月の主要な病害虫の発生動向として、水稲では縞葉枯病・ヒメトビウンカ、斑点米カメムシ類及びフタオビコヤガ、果樹では果樹共通害虫のカメムシ類、かんきつのかいよう病、なしの黒星病、茶ではクワシロカイガラムシ等の害虫、野菜類ではきゅうりのべと病、いちごのうどんこ病、ねぎのべと病の発生が多いと予想される。


詳細はこちらから