提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


集落営農活動実態調査結果の概要(平成20年3月1日現在)

2008年06月30日

集落営農設立に伴う構成農家1戸当たりの労働時間は、「減少した」が49.4%と最も多かった。生産費の変化の状況は、「減少した」が36.8%となっており、経営の効率化が図られているとみられる。

また、次期代表者を確保している集落営農の割合は76.0%となっている。


詳細はこちらから