提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「農業新技術2008」の決定

2008年05月19日

農林水産省では、近年の研究成果のうち、早急に現場へ普及すべきものを毎年選定、公表している。

今年は、土地利用型作物や園芸作物の生産、地球温暖化への適応などに関する以下5つの研究成果を選定、関係機関相互の連携の下、現場への迅速な普及に取り組むこととした。

・選ばれる産地づくりに向けた麦の高品質栽培技術
・高品質果実・野菜の栽培技術
・水稲栽培における地球温暖化への適応策
・食品残さを活用した発酵リキッドフィーディング技術
・湿害や干ばつを防止する新地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」


詳しくはこちらから