提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(北陸研究センター)農研機構が育成した酒造好適米新品種 「越神楽(こしかぐら)」とその特性を活かしたお酒

2008年04月14日

北陸研究センターは、栽培特性と醸造適性の両立を目指して、酒米品種「山田錦」と「北陸174号」の交配組合せから「越神楽」を育成、原酒造株式会社との共同研究で醸造適性の検討と新清酒の製品化を行ってきた。酒造適正が認められたことから品種登録の出願を行い、このほど製品化されることとなった。


詳細はこちらから