提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


化学洗浄法によるカドミウム汚染水田の浄化技術開発と実用化を進める

2007年12月12日

コメのカドミウム含量に関する国際基準値が制定されたことにより、国内審議に伴う現行基準値の引き下げによる要対策地域の拡大が懸念されている。

農林水産省では「農林水産生態系における有害化学物質の総合管理技術の開発」を立ち上げ、カドミウム対策技術の研究開発プロジェクトを推進しているが、この中の「洗浄法による汚染土壌の迅速修復技術の開発」において、実用化に向けた成果が得られたので紹介する。


詳細はこちらから