提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


環境への負荷がより小さい低濃度エタノールを用いた低コストの新規土壌消毒法の開発

2007年12月06日

(独)農業環境技術研究所は、千葉県農業総合研究センター暖地園芸研究所、日本アルコール産業株式会社と共同で、2%程度の低濃度のエタノールを用い、広範囲の土壌病害虫などに防除効果のある
低コストの新規土壌消毒技術を開発した。臭化メチル代替の土壌消毒技術として実用化が期待される。


詳細はこちらから