提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(東北農業研究センター)北上山系の高標高地でもサイレージ用トウモロコシが生産できる

2007年10月19日

東北農業研究センターでは、牧草以外の作物は栽培できないとされていた北上山系の900m程度の高標高地においても、極早生品種を5月中に播種することにより、サイレージ用トウモロコシを生産することができ、1,500kg/10a程度の乾物収量が確保できることを明らかにした。このことから、利用率が低い公共草地でも細断型ロールべーラを活用すればトウモロコシサイレージの生産が可能となる。


詳細はこちらから