提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(近畿中国四国農業研究センター)研究成果特集 -天敵利用技術関連-を掲載

2007年08月27日

環境保全型野菜栽培技術の普及には、化学農薬削減に効果的な天敵利用が不可欠である。野菜に甚大な被害を及ぼすコナガ、アブラムシ、ハダニ などの害虫に対して、寄生蜂、ハナカメムシ、カブリダニなどを使った防除技術が開発され、現場での利用が進んでいる。


詳細はこちらから