提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2018年05月


農地の生物多様性を保全するための技術・手法を開発 -管理技術の事例集と水田の調査・評価マニュアルを公開-

2018年5月21日

農研機構を中心とする研究グループは、生物多様性を保全する農地(果樹園及び水田)の管理技術として、環境負荷の低い農薬の使用方法や、果樹園での下草管理方法、水田における小水路や畦畔の管理方法を開発。また、これらの環境に配慮した取組による生物多様性の保全効果を客観的に評価する方法として … 全文を読む>>

牛の良好受精卵の選別に成功-牛受精卵の染色体異常を生きたまま見分ける技術を開発-

2018年5月14日

東京農工大学、近畿大学、扶桑薬品、農研機構の研究グループは、細胞内を生きたまま連続観察する「ライブセルイメージング技術」により牛体外受精卵の発生の様子を捉え、良好受精卵を選別することに成功した。 この技術を用いると、国際受精卵移植技術学会(IETS)の基準により形態が良好と判断し … 全文を読む>>

「業務用・加工用に向くお米の品種」を掲載

2018年5月 8日

農研機構は、「業務用・加工用に向くお米の品種」を作成、ホームページに掲載した。このパンフレットでは、農研機構で開発した業務用・加工用品種等を紹介している。 詳細はこちらから … 全文を読む>>