提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ドローンを用いたほ場計測マニュアル(不陸(凹凸)編)

2018年04月26日

2016年熊本地震で生じた農地の不陸(凹凸)について、ドローンと画像解析ソフトを使った方法を適用した結果、不陸量を精度良く計測できることがわかった。
この事例をもとに農研機構は、手順をやさしく解説した技術マニュアル「ドローンを用いたほ場計測マニュアル(不陸(凹凸)編)」を作成、ホームページに掲載した。

この計測方法は、災害時のみならず、平時においても活用可能で、たとえば、本格的な測量が必要な土木工事をする必要まではないものの、生育不良の原因となっているほ場内の小さなくぼ地など水の溜まりやすい場所を見える化することにも役立つ。


詳細はこちらから