提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境負荷はもっと小さいことが判明

2018年04月19日

農研機構と共同研究機関は、豚・牛の尿汚水処理で発生する温室効果ガス(一酸化二窒素およびメタン)の実測に基づいて、汚水に含まれる窒素、または有機物1gから排出される一酸化二窒素とメタンの量を示す「一酸化二窒素排出係数」及び「メタン排出係数」を算出し直した結果、現行では一酸化二窒素の排出係数が過大に見積もられていることがわかった。
最新の排出係数を用いると、豚・牛の尿汚水処理に伴う温室効果ガス排出量(一酸化二窒素およびメタンの合計量)の推定値は、現行の排出係数を用いた推定値と比べて年間60万t(41%)少なくなった。今回算出した一酸化二窒素およびメタンの排出係数は、国の新たな基準として採用される予定。


詳細はこちらから