提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


スマホでらくらく水管理できる圃場水管理システム「WATARAS(ワタラス)」の先行販売を開始

2018年03月16日

農研機構農村工学研究部門は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「次世代農林水産業創造技術」において、スマートフォンやPCでモニタリングしながら遠隔操作や自動で給水と排水を制御できる、国内初の水田の水管理システムを開発した。
このシステムを利用することにより、ユーザーはどこにいても経営する水田の水位や水温などのデータを閲覧することができ、あらかじめ設定した水位に応じて自動で水管理をすることが可能。実証圃場では、水管理にかかる労働時間が約80%削減し、出穂期から収穫までの用水量を約50%削減することができた。
このたび、(株)クボタケミックスは、本システムを圃場水管理システム「WATARAS(ワタラス)」と名付け、先行販売の受付けを開始した。


詳細はこちらから