提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


食肉タンパク質の加熱状態とpHを可視化する技術 -食肉の消化されやすさの評価が可能に-

2018年03月07日

農研機構畜産研究部門は、食肉の消化されやすさ(消化性)に関係するタンパク質の「加熱状態」および「pH」を、赤外スペクトルの測定により、同時検出して可視化する技術を開発した。
食肉組織の狙った場所を解析可能で、胃を模した環境での胃酸によるpH変化や、調理によるタンパク質の熱変化を測定できる。本技術は、食肉の消化性を低下させない適切な調理法や、消化されやすい食肉製品の開発に役立つ。


詳細はこちらから