提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


暑さや病害虫に強く、多収な水稲新品種「秋はるか」

2018年02月23日

農研機構九州沖縄農業研究センターは、高温登熟耐性を「にこまる」よりさらに高めた水稲新品種「秋はるか」を育成した。
いもち病や縞葉枯病に強く、また近年、西日本で被害が頻発している害虫のトビイロウンカに対して「にこまる」よりも強いのが特長。
西日本の代表的な水稲品種「ヒノヒカリ」より約15%多収なため、低コスト栽培に適している。
栽培適地は、高標高地を除く東海以西の地域で、現在、佐賀県、静岡県等で試作が行われている。


詳細はこちらから