提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


植物個体に直接遺伝子を導入する技術をコムギで開発 -実用品種に適用可能、ゲノム編集等によるコムギ品種改良の加速に期待 -

2017年11月10日

農研機構生物機能利用研究部門は(株)カネカと共同で、コムギを使って、植物個体に遺伝子を直接導入する技術を開発した。
この手法は細胞培養や再分化が不要であり、これまでは遺伝子導入が難しかった様々なコムギ実用品種に適用することが可能。今後この手法を用いて、ゲノム編集等によるコムギの品種改良が加速すると期待される。


詳細はこちらから