提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


貼り付けやすく剥がれにくい牛の乳頭保護資材を開発

2017年10月18日

乳牛の病気である乳房炎は、乳量や乳質の低下の原因となり、その経済的損失額は年間800億円と言われている。乾乳期における乳房炎の新規感染を予防するために、従来から液体状の乳頭保護資材が使われているが、前処理作業や付着後の乾燥に時間を要すること、数日で脱落してしまうことが課題であった。そこで、農研機構と(株)トクヤマは共同研究を行い、乳頭に貼り付けやすく、剥がれにくいシール式の外部乳頭保護資材を開発した。
本資材は、乳頭へ貼付けてから最大2週間程度使用できるという特長があり、11月から販売開始の予定となる。


詳細はこちらから