提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


作業の省力化と牛への負担軽減を実現できる過剰排卵誘起法を開発 -ホルモン投与が1回で済むので現場の労力も大幅削減-

2017年09月15日

農研機構、共立製薬、岐阜県畜産研究所、福岡県農林業総合試験場、家畜改良センター、福井県畜産試験場嶺南牧場の研究グループは、水酸化アルミニウムゲルを用いた卵胞刺激ホルモン(FSH)の皮下1回投与による牛の過剰排卵誘起法を開発し、共立製薬とともに牛への負担軽減、移植用の体内受精卵採取の省力化を実現する製剤を製品化した。


詳細はこちらから