提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


世界で初めてゲノム編集によりキクの性質を変えることに成功 -キクの品種改良の新技術として期待-

2017年03月13日

農研機構野菜花き研究部門は、世界で初めてキクのゲノム編集に成功した。
キクにあらかじめ導入した蛍光タンパク質の遺伝子にゲノム編集を行い、さらに腋芽由来植物を育成すること等により、「蛍光の低下」という性質変化が起こったキクを得ることに成功した。これにより今後、キクの品種改良の新しい手法として、ゲノム編集技術の利用が期待される。


詳細はこちらから