提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


船便によるイチゴ輸出に適したパッケージ法 -冷蔵コンテナで高い品質を保持-

2017年01月31日

農研機構は、長距離輸送による物理的損傷や、外観・果肉品質の低下を抑えるイチゴのパッケージ法を開発した。
このパッケージ法の利用により、冷蔵コンテナを用いた船便でも、高い品質を保持したまま、イチゴをシンガポールへ輸出できることが実証されたことで、船便でのイチゴ輸出の拡大が期待される。


詳細はこちらから