提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


幼若ホルモンが成虫化を抑える仕組みを解明 -昆虫の発育をコントロールする技術に期待-

2017年01月19日

昆虫に特有な幼若(ようじゃく)ホルモンは、幼虫がサナギへと変態する際に、成虫化を抑えることにより、昆虫の成長を正しく制御している。
農研機構はカイコを用いて、幼若ホルモンが成虫化を抑える仕組みを世界で初めて解明した。この研究成果は、新たな殺虫剤、益虫の生育コントロール技術等の開発につながると期待される。


詳細はこちらから