提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


三宝甘長とうがらし -いなば地方で栽培される辛みのない大型トウガラシ

2016年10月18日

特徴と由来

●鳥取県いなば地方(鳥取市、八頭郡)

 「三宝(さんぽう)甘長トウガラシ」は、長さ17~20cm、重さ35~40gになる大型のトウガラシです。果肉が肉厚で柔らかく、甘く、苦みがないためピーマンの苦手な子どもでも食べられます。
 また、他の品種で発生する辛み果の発生もないため、料理でも広く活用されています。 由来は、昭和の初期に東南アジアから持ち帰られたものを、鳥取市吉岡村の篤農家が選抜育種したものを「三宝大甘長蕃椒」(さんぽうおおあまながばんしょう)と名付け、栽培が広まったと言われています。
 鳥取県東部のいなば地方(鳥取市、八頭郡)のみで栽培されている地方在来品種です。

201609dento_amanaga_01.jpg
大型の「三宝甘長トウガラシ」(PRチラシより)

利用方法

 一般的な食べ方は焼きトウガラシです。丸ごと焼いて、しょうゆをつけて食べます。果肉が肉厚で甘く、柔らかいため、食べ飽きることがありません。
 注意点は、焼きすぎないことです。肉質が柔らかいため、焼きすぎると柔らかくなりすぎ、独特の歯応えがなくなってしまいます。
 このほか、天ぷら、煮物、佃煮等の調理方法があります。ビールのつまみとしても絶品です。
 甘長トウガラシはシシトウやピーマンの仲間で、ビタミンAはカボチャ並み、ビタミンCはレモンの約2倍あり、コレステロールを排出させる食物繊維と葉緑素も豊富に含まれ、栄養価が高く夏バテ防止に最適です。

201609dento_amanaga_02.jpg  201609dento_amanaga_03.jpg
左 :てんぷらなどのさまざまな調理方法(PRチラシより)
右 :一般的な食べ方は"素焼き"

産地の動向

 最盛期には数haあった栽培面積も栽培農家の減少、高齢化により減少しています。
 今後は新規就農者等への推進による栽培面積の確保、品種特性、食べ方のPRによる知名度のアップ、ハウス栽培と露地栽培のリレー出荷による出荷量確保に農協とともに取り組み、貴重な在来品種の栽培拡大を図っていく予定です。

201609dento_amanaga_04.jpg
露地栽培状況

執筆者
山下泰之
鳥取県東部農林事務所鳥取農業改良普及所 普及主幹

●月刊「技術と普及」平成27年10月号(全国農業改良普及支援協会発行)から転載