提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発 ―紫色光の照射だけで害虫の半減に成功―

2016年09月16日

アザミウマはナス、トマト、イチゴなど多くの農作物に害を与える大害虫だが、近年、農薬が効かなくなりつつあり、大きな問題となっている。そこで農研機構生物機能利用研究部門は、(株)シグレイ、筑波大学と共同で、農薬を使う代わりに「光を使って天敵を集める」ことにより、アザミウマを防除する技術を開発した。
ナスの露地栽培において、紫色光を1日3時間照射するだけで、天敵であるヒメハナカメムシ類が畑に10倍集まり、害虫のアザミウマの数が半減した。この技術は企業との製品化を進めており、約2年後の商品化をめざしている。


詳細はこちらから