提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(畜産草地研究所)飼料用トウモロコシのは種作業時間を半減する技術を開発 -飼料二毛作体系における収穫・は種作業の集中化を解消-

2016年02月04日

農研機構は、イタリアンライグラスの収穫跡地において、土壌の耕うんや種まきなどを1工程で行う飼料用トウモロコシの「耕うん同時は種法」を開発した。
この方法は、簡易耕のための縦軸型ハローと整地のためのパッカーローラ、真空は種機を一体化してトラクタでけん引する。これにより、慣行(耕起は種法)と比べ作業時間を58%、は種作業コストを8%削減でき、同等の乾物収量が得られる。


詳細はこちらから