提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2015年09月


(九州沖縄農業研究センター)2014年版成果情報を掲載

2015年9月18日

九州沖縄地域の2014年版成果情報(水田作、畑作、畜産・草地、果樹、野菜・花き、茶業、病害虫、生産環境、フードシステム)がホームページに掲載された。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

古代米の起源に迫る! -紫黒米の育種が容易になります-

2015年9月17日

農業生物資源研究所は、富山県農林水産総合技術センターと共同で、紫黒米品種の黒米形質(お米が黒くなる性質)のメカニズムが、Kala4遺伝子の変異であることを特定した。 Kala4遺伝子のお米を黒くするために必要な制御配列のみを白いお米の品種に導入することで、好みのブランド米の味をそ … 全文を読む>>

機能性表示食品「べにふうき」緑茶ティーバッグの開発 -目や鼻の不快感を軽減する初めての機能性表示食品-

2015年9月16日

JAかごしま茶業(株)と農研機構は、「べにふうき」緑茶のメチル化カテキン含有量を一定範囲内に抑える生産工程管理法を確立。この技術を活用して、目や鼻の不快感を軽減する初めての機能性表示食品「べにふうき」緑茶ティーバッグを開発した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

湿害軽減に有効な飼料用トウモロコシの耕うん同時畝立ては種技術 -水田における飼料用トウモロコシの増収が可能に-

2015年9月15日

農研機構は、水田等の排水不良ほ場における飼料用トウモロコシの湿害軽減技術として、耕うん同時畝立ては種技術が有効であることを明らかにした。 耕うん同時畝立ては種は、アップカットロータリと2条用の施肥は種機を組み合わせては種を行う。畝高さ10cm前後、は種深度3~5cmで飼料用トウモ … 全文を読む>>

「畦畔法面における二重ネット工法を用いたシバの植栽技術」を掲載

2015年9月 7日

近畿中国四国農業研究センターは、30°~45°の急斜度の畦畔法面で作業可能な植栽技術「シバ二重ネット工法」を開発し、この技術をまとめた「畦畔法面における二重ネット工法を用いたシバ(Zoysia japonica)の植栽技術」を作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

消費者も栽培者もうれしい甘いトマト開発に道 ~高糖度で単為結果性を有する新規トマト変異体と遺伝子を発見~

2015年9月 4日

筑波大学生命環境系の江面浩教授、増田順一郎研究員、有泉亨准教授は、単為結果性と高糖度性を示すトマトの新規の育種素材を発見し、その原因遺伝子候補の同定に成功した。 今回の研究では、筑波大学遺伝子実験センターが有するトマト品種マイクロトムの大規模変異体集団の中から新規の単為結果変異体 … 全文を読む>>