提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2015年03月


(農村工学研究所)地下水質を保全する二重揚水技術を開発 -塩水化した地下水の拡散防止などに活用-

2015年3月30日

農研機構農村工学研究所は、1本の井戸内の複数の深度から同時に揚水する技術を開発した。 この技術を使うと、井戸内に良好な水質の地下水と水質の良くない地下水が存在している場合でも両者の混合を抑えながら揚水が可能になる。塩水化などで水質が部分的に悪化している井戸でも、水質の良好な層だけ … 全文を読む>>

(九州沖縄農業研究センターほか)サツマイモ近縁野生種のゲノム解読に成功

2015年3月30日

農研機構 九州沖縄農業研究センターと(公財)かずさDNA研究所は共同で、サツマイモの二倍体近縁野生種 Ipomoea trifida のゲノムを解読した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

宮城県産のイタリア野菜の定着を目指して

2015年3月16日

宮城県産のイタリア野菜の定着を目指して

 宮城県農業・園芸総合研究所では、飲食店などに需要が見込まれる西洋野菜を試験栽培し、宮城県内での生産を目指して、品目の普及活動、生産者への技術提案を行っています。そのひとつとして、宮城県と友好姉妹県であるイタリア・ローマ県とのつながりを背景 … 全文を読む>>

倒れにくく栽培しやすい小粒の黒大豆新品種「くろこじろう」-コンバイン収穫に適し、納豆や甘納豆などに利用可能-

2015年3月11日

農研機構 作物研究所は、粒の黒大豆品種「くろこじろう」を育成した。 「くろこじろう」は、草姿が優れ、倒れにくいため栽培しやすく、コンバイン収穫の際の刈り残しなどの収穫ロスを低減できる。付加価値の高い小粒の黒豆納豆や甘納豆等の原料として利用できる。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(農業環境技術研究所)健康診断の発想に基づく新しい土壌病害管理法「ヘソディム」の運用開始について

2015年3月10日

(独)農業環境技術研究所は、人の健康診断に代表される予防医学の発想に基づく新しい土壌伝染性病害の管理方法 (略称:ヘソディム)を開発した。 ヘソディムでは、従来の土壌物理化学性の評価に加えて、土壌DNA解析による生物性の評価を行って畑の土壌を「診断」し、その畑に作物を栽培した時の … 全文を読む>>

爽やかな青色の花色素を作り出す酵素のしくみを解明 -青色色素原料との結合状態の観測に世界で初めて成功-

2015年3月 4日

(独)日本原子力研究開発機構と(独)農研機構 花き研究所は、共同で、植物の花や果実などの発色を担い、医薬品の原料としても期待される色素"アントシアニン"を作る酵素の立体構造を明らかにした。 本研究成果は、チョウマメに特徴的な青色色素が作られるしくみを理解する上で重要となる。また、 … 全文を読む>>