提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


幼若ホルモンがサナギ化を抑えるメカニズムを解明 -昆虫のみに効果のある農薬の開発へ-

2015年12月04日

農業生物資源研究所は、昆虫の幼若(ようじゃく)ホルモンが働くメカニズムを世界で初めて解明した。
幼若ホルモンによって産生が促されるタンパク質は、サナギ化遺伝子の活性化を直接抑えることで、サナギ化を抑制していたが、このタンパク質の働きを阻害することで、昆虫のみに効果のある農薬の開発が可能となる。


詳細はこちらから