提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


"人類最古の農業"栽培オオムギの起源を解明 -ムギ類の品種改良の効率を加速化-

2015年08月03日

農業生物資源研究所と岡山大学資源植物科学研究所は、ドイツ、オーストラリアなど世界6ヵ国の研究機関との共同研究をリードし、実が落ちずに収穫できるオオムギ(栽培オオムギ)の起源を探索。欧州等(西)に分布する栽培オオムギが約1万年前に南レバント(イスラエル)で突然変異した子孫で、日本等(東)に分布する栽培オオムギがその後北レバント(北西シリアから南東トルコ)で起きた別の突然変異の子孫であることを世界で初めて突き止めた。
南北レバントで別々に生まれた栽培オオムギの子孫は互いに性質が異なっている。今後、それぞれの子孫の品種グループにない性質を積極的に交配することで、多様性が生まれるなど、品種改良の効率が加速すると大いに期待される。


詳細はこちらから