提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ニホングリ在来品種の遺伝的関係をDNA解析により検証 -丹波地域から地方へ在来品種が伝搬-

2015年06月30日

ニホングリ在来品種は、このほど農研機構果樹研究所により、丹波地域の品種と丹波地域以外の品種の大きく2つのグループに遺伝的に分類された。
在来品種の親子関係が明らかになり、丹波地域の品種が他の地方品種の成立において重要な役割を担っていたという仮説を分子遺伝学的に検証することができた。在来品種の遺伝的関係がより明らかになったことにより、近親交配による樹勢や収量低下等の問題を回避する交配計画を策定し、遺伝的に遠い品種同士の交配を行うことにより品種育成を効率化することができる。


詳細はこちらから