提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


太陽光発電を活用した放牧家畜飲水の自動供給システム -耕作放棄地等での放牧推進に貢献-

2015年02月26日

農研機構 畜産草地研究所は、耕作放棄地等の放牧において、既存の太陽光電気牧柵システムに直流電源で駆動する揚水ポンプシステムを組み合わせた新たな家畜飲水供給システムを開発した。
本システムの導入に伴う既存の電気牧柵器電圧などへの影響はなく、家畜への必要水量が安定かつ自動で供給できる。開発した技術は、電気牧柵システムなどと同様に、耕作放棄地等での放牧推進における重要な技術として、今後広く活用されることが期待される。


詳細はこちらから