提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


前作を考慮することでダイズのリン酸施肥を削減可能に ―共生微生物の活用で限られた資源を有効活用―

2015年02月24日

農研機構と北海道立総合研究機構は、生産者圃場における3年間の実証試験から、前作物の種類を考慮すればダイズ畑へのリン酸施肥量を3割削減できることを明らかにし、技術マニュアルとして取りまとめた。
この技術は、北海道のダイズ栽培において、効率的な施肥によるコスト低減や環境に負荷をかけない技術として普及が見込まれる。また、都府県やダイズ以外の作物の栽培への適用も検討している。


詳細はこちらから