提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農薬に頼らず、イネを複数の病気に対して強くする技術を開発 -農作物の安定生産への貢献に期待-

2015年02月16日

農業生物資源研究所は、病害抵抗性の発揮に必要なWRKY45遺伝子を、遺伝子組換えにより病害への抵抗性を示しつつイネの生育や収量に影響しない適切な強さで働かせることに成功した。
コストが高い農薬を散布できない開発途上国の米の安定生産に貢献できるほか、他の穀類への応用も期待される。


詳細はこちらから