提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2014年03月


安全・簡便な畑土壌中リン酸の現場型評価法に基づく施設キュウリ栽培でのリン酸減肥マニュアルの公開について

2014年3月20日

農研機構は、農業現場で利用できる安全で簡便な畑土壌中リン酸の測定法を開発し、施設キュウリ栽培を対象としたリン酸肥料を削減する指標を策定。 測定法の詳細や施設キュウリ栽培でリン酸肥料削減に本測定法を応用する方法などを解説したマニュアルを作成し、公開した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

浮き楽栽培法による水稲育苗について

2014年3月14日

浮き楽栽培法による水稲育苗について

研究の背景とねらい  近年、全国的に集落営農の法人化が進み、稲作体系の大型化に対応できる低コスト省力育苗技術と、育苗ハウスの遊休期間を利用した園芸品目栽培技術が求められています。そこで、広島県農業技術センターでは、これらの両方の要望を満たす … 全文を読む>>

省エネ型ニラ下葉除去装置を開発 -圧縮空気を間欠噴射することで空気使用量を削減-

2014年3月13日

農研機構 生物系特定産業技術研究支援センターは、空気使用量が少なく電力消費量を節減する省エネ型のニラ下葉除去装置を開発した。 開発したニラ下葉除去装置は、圧縮空気を間欠的にニラの株元に噴射して下葉除去を行う装置。連続的に空気を噴射する従来の機械と比較して、空気使用量は約二分の一と … 全文を読む>>

(農村工学研究所)高精度のため池ハザードマップ作成のための簡易な氾濫解析手法を開発

2014年3月 5日

農村工学研究所は、ため池決壊時の氾濫状況を、現地の堤防や水路、微高地など詳細な地形やため池堤防の決壊する位置に応じて予測する技術を開発した。 この技術を適用することにより、比較的容易に入手可能なデータをもとに簡易で高精度なため池ハザードマップの作成が可能になる。現在整備が進められ … 全文を読む>>