提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


不要な配列を残さない遺伝子改変技術をイネで開発 -植物では世界で初めて実現-

2014年12月26日

農業生物資源研究所は、イネにおいて、不要な配列を残さずに遺伝子を改変する技術を確立した。
この技術は、昆虫由来の「動く遺伝子」を用いることで実現。この手法を植物に応用したのは世界で初めてとなる。現在この技術を、コムギ、オオムギ、トマト等でも使えるよう、取り組んでいる。


詳細はこちらから