提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


全てのナシ品種を結実させる花粉を作るニホンナシ系統を作出

2014年12月05日

-人工受粉が要らない品種・全てのナシ品種に使える受粉専用品種の 育成が可能に-


ニホンナシは、自家不和合性という性質を持っていることから、栽培で人工受粉作業を行う労力がかかるため、自分自身の花粉でも結実する自家和合性品種が求められている。
そこで、農研機構は(独)農業生物資源研究所と協力して、花粉の機能に突然変異を起こした自家和合性のニホンナシ(415-1系統)を育成することに成功した。
415-1系統は、全てのナシ品種を結実させる花粉を作ることができ、交雑に用いると、自家和合性品種や受粉専用花粉を生産するための専用品種を育成することができる。


詳細はこちらから