提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


多収で直播栽培向きの良食味水稲新品種「ちほみのり」を育成 -良食味品種で690kg/10a高収量を達成-

2014年10月24日

農研機構は、早生で多収・良質・良食味の水稲新品種「ちほみのり」を育成した。
育成地における標肥移植栽培では、「ちほみのり」の収量は693kg/10aで、「あきたこまち」より約1割多収。倒れにくく、直播栽培に適する。「あきたこまち」と同等の玄米品質で、炊飯米は「あきたこまち」と同等の良食味。現在、秋田県の一部産地で500haの作付けが計画されており、今後、低価格で質の良い米として普及することが期待される。


詳細はこちらから