提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ナスの全ゲノムを解読 -世界初の成果、新品種開発に弾み-

2014年09月25日

農研機構と(公財)かずさDNA研究所は、共同でナスの全ゲノム(生物の設計図) の解読に世界に先駆けて成功した。
海外では、同じナス科作物の中でもトマト、トウガラシ、ジャガイモの研究が先行して行われていたが、ナスは、これらの南米を起源とする多くのナス科作物と違い、アジア原産の野菜であり、日本の各地で特徴的な地方在来品種が栽培されているなど、わが国にとって重要な作物になっていることから、今回の取組が進められていた。
今回、ナスの全ゲノムの配列を解読するとともに、約4万2千個の遺伝子の存在を明らかにし、病害抵抗性に関わる遺伝子や機能性成分の合成などに関わる遺伝子を多数見いだした。これら遺伝子の情報を利用することで、新品種の開発が加速化する。


詳細はこちらから