提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


クモ糸を紡ぐカイコの実用品種化に成功 -大量生産への道を拓く-

2014年09月01日

(独)農業生物資源研究所は、強くて切れにくいクモ糸の性質と、シルクの性質を合わせもつ新しいシルク(クモ糸シルク)を生産するカイコの作出に成功した。
クモ糸シルクは通常のシルクの1.5倍の切れにくさを持ち、クモの縦糸に匹敵。クモ糸シルクを用いて、通常のシルクと同様の工程で織物に加工することに成功した。今後は、さらに強度や機能性を高めたクモ糸シルクを開発することにより、手術用縫合糸などの医療素材や防災ロープ、防護服などの特殊素材への応用が期待される。


詳細はこちらから