提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


カイコの卵で導入遺伝子を強力に働かせることに成功 -組換えカイコによる有用物質生産技術を使いやすく-

2014年08月28日

(独)農業生物資源研究所は、カイコの卵で遺伝子を強く働かせるプロモーターを発見した。
これまで、組換えカイコを作出する際、目的の遺伝子が導入された卵の選抜には熟練が必要だったが、このプロモーターを利用することにより、誰でも素早く正確に目的とするカイコの卵を選抜できる。


詳細はこちらから