提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


コムギのゲノム配列の概要解読に成功 -コムギの新品種開発の加速化に期待-

2014年07月22日

農業生物資源研究所などが参加した国際コンソーシアムは、イネの40倍もあるコムギゲノムの塩基配列の概要を明らかにし、コムギの様々な特徴を決定する遺伝子を約12万個見出した。
これら遺伝子の機能を解明し、農業上有用な特性に関わる遺伝子の単離や、DNAマーカーの開発を進めることにより、病気に強く栽培しやすい品種などの作出を加速することが可能となる。


詳細はこちらから