提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


西日本でも夏秋季に安定生産できる、 四季成り性イチゴ新品種「夏の輝」を育成

2014年07月15日

九州沖縄農業研究センターは、暖地の夏から秋の気象条件下でも連続的に開花・結実する性質を持ち、夏秋どり栽培に適したイチゴ新品種「夏の輝(なつのかがやき)」を育成した。
「夏の輝」は糖酸比が高く、食味も優れている。またイチゴの主な病害にも強く、作りやすい品種。植物工場での作付け体系に組み入れることで、周年生産が可能となる。


詳細はこちらから