提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農村工学研究所)高精度のため池ハザードマップ作成のための簡易な氾濫解析手法を開発

2014年03月05日

農村工学研究所は、ため池決壊時の氾濫状況を、現地の堤防や水路、微高地など詳細な地形やため池堤防の決壊する位置に応じて予測する技術を開発した。
この技術を適用することにより、比較的容易に入手可能なデータをもとに簡易で高精度なため池ハザードマップの作成が可能になる。現在整備が進められているため池ハザードマップを作成する際に活用が期待される。


詳細はこちらから