提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


アリの情報交換に関わる新型タンパク質を発見  -害虫アリの防除薬開発の新たな標的として期待-

2014年02月27日

(独)農業生物資源研究所は、富山県立大学、東京大学、筑波大学と共同で、クロオオアリの働きアリの触角から、社会性の維持に必要な情報伝達物質を輸送する新たなタンパク質「アリNPC2」を発見した。このタンパク質を標的とすることで、害虫のアリ以外には作用しない、安全で環境に優しい農薬の開発につながると期待される。


詳細はこちらから