提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2013年12月


果樹のジョイント仕立てについて

2013年12月26日

果樹のジョイント仕立てについて

研究の背景とねらい 全国のナシ園は高樹齢化が進み、改植の必要性に迫られていますが、改植による一定期間の収益減少は経営に与える影響が大きく、進んでいません。また、現在の整枝法は高度な技術を必要とし、労働時間短縮に向けての省力・効率化が難しく、 … 全文を読む>>

カンショ新品種「こなみずき」

2013年12月25日

カンショ新品種「こなみずき」

 カンショでん粉の約7割は糖化製品(異性化糖、水あめ、ブドウ糖)の原料、残りの3割が、和菓子、麺類、水産練り製品などの食品原料として使われています。しかし、カンショでん粉はゲル化(ゼリー状になること)しやすい反面、老化(ゲルが硬くなったり、 … 全文を読む>>

カーネーションの全ゲノム解読に成功 -花きで世界初、新品種開発の加速化が期待-

2013年12月20日

農研機構、公益財団法人かずさDNA研究所、東京農工大学、サントリーグローバルイノベーションセンター(株)は共同で、カーネーションの全ゲノム(生物の設計図)の解読に成功した。 カーネーションは、世界の3大花きの一つに挙げられ、日本でも2番目に出荷本数が多い重要な品目。今回カーネーシ … 全文を読む>>

稲発酵粗飼料用水稲新品種「たちはやて」 -早生で耐倒伏性が強く茎葉多収-

2013年12月19日

農研機構は、稲発酵粗飼料用水稲品種「たちはやて」を育成した。 「たちはやて」は、「コシヒカリ」にくらべ出穂期は2日遅いものの登熟が速く、「コシヒカリ」の収穫期よりも約2週間早く稲発酵粗飼料としての収穫適期となるため、収穫作業の分散が可能となる。また、地上部収量が高いことに加え、牛 … 全文を読む>>

新しい殺菌法(交流高電界殺菌法)を利用した果汁製品の製造始まる

2013年12月10日

農研機構は、従来の加熱のみによる殺菌法に較べて、熱による変色を約5分の1、加熱臭の発生を約4分の1、ビタミンCの減少を10分の1などに抑えられる交流高電界殺菌(HEF-AC)技術、それを活用した殺菌装置を開発。本技術の実用化に向けて、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)及び(株 … 全文を読む>>

熱帯アジアの稲の収量を増加する遺伝子を発見

2013年12月 9日

-DNAマーカー育種によりインド型品種の増収が可能に- 独立行政法人国際農林水産業研究センターは、国際稲研究所、農研機構作物研究所及び首都大学東京と共同で、インド型品種の遺伝的背景で収量を増大させる遺伝子(SPIKE)を発見し、その効果を明らかにした。 この遺伝子を識別できるDN … 全文を読む>>

果肉が赤く食味の良いリンゴ新品種「ルビースイート」

2013年12月 6日

- 果肉にアントシアニンを含み大果で甘い生食加工兼用品種を育成 - 農研機構は、果肉が赤く食味の良い生食加工兼用リンゴ新品種「ルビースイート」を育成した。 「ルビースイート」は、果皮が赤色で、「紅玉」と同時期に収穫できる中生品種。果実は450g程度と大果で、果肉が赤く、既存の赤肉 … 全文を読む>>

良食味で栽培容易な晩生ニホンナシ新品種「甘太(かんた)」

2013年12月 5日

- 晩生のニホンナシ需要を拡大 - 農研機構は高糖度で食味が良く、かつ栽培が容易で豊産性の晩生ニホンナシ新品種「甘太」を育成した。 「甘太」は主要な晩生品種である「新高(にいたか)」と同時期あるいはやや遅い時期に収穫する品種で、樹勢が強く、花芽の着生が安定しているため、栽培容易で … 全文を読む>>

暖地で安定生産可能な良食味ニホンナシ新品種「凜夏(りんか)」

2013年12月 5日

- 地球温暖化に対応し、暖地でも安定生産できる早生品種を育成 - 地球温暖化の進行により、暖地では「幸水」等で花芽が枯死する等の障害が発生し、生産が不安定となっている。 そこで、農研機構は暖地でも花芽が安定的に着生することで安定生産を可能とするニホンナシ新品種「凜夏」を育成した。 … 全文を読む>>