提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2013年06月


(農業環境技術研究所)中干し期間の延長で水田から発生するメタンを削減

2013年6月27日

―水管理による温暖化対策― (独)農業環境技術研究所は、8県の農業試験研究機関の協力を得て、全国9か所で中干し期間の延長による水田からのメタン発生量の削減効果を検証した。試験水田での2年間の実証試験により、稲わらなどの有機物を施用した水田では、通常より中干し期間を3日から1週間程 … 全文を読む>>

イネの病害抵抗性の仕組みを解明 -安定して病気に強いイネの開発へ前進-

2013年6月17日

(独)農業生物資源研究所は、イネの重要病害である「いもち病」に高い抵抗性を発揮する遺伝子「Pb1」が、抵抗性発現に果たす役割を解明した。Pb1タンパク質は、病害抵抗性を高めることが知られる「WRKY45」タンパク質と結合し、その分解を抑えていたが、Pb1遺伝子の機能を強化すること … 全文を読む>>

土壌凍結地帯の放牧利用向け牧草新品種メドウフェスク「まきばさかえ」の種子販売開始

2013年6月13日

メドウフェスク「まきばさかえ」の種子の販売が今春より開始された。「まきばさかえ」は、越冬性が高く収量性に優れ、土壌凍結地帯においてより安定した牧草生産が可能となる品種。「まきばさかえ」の導入により北海道東部において、自給飼料の利用率を高め、低コスト生産をめざす集約放牧が拡大するこ … 全文を読む>>

(北海道農業研究センター)苦味が弱く良食味、ルチンが豊富なダッタンソバ新品種「満天きらり」を育成

2013年6月12日

農研機構 北海道農業研究センターは、ソバが栽培できない畑作北限地域でも栽培可能なダッタンソバの新品種「満天きらり」を育成した。「満天きらり」は、従来の品種と比較して苦味が弱く良食味となっている。また、加工食品のルチン含有量が極めて多いため、新規食品開発による地域産業の活性化につな … 全文を読む>>