提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


驚きの食感!米原料の新規ゲル状食品素材の製造法を開発

2013年10月25日

農研機構は、高アミロース米(水稲品種モミロマン等)を製粉せずに粒のまま水を加えて炊飯・糊化させ、温度制御と高速かくはん等の操作でゲル状の新規食品素材を製造する技術を開発した。
この技術は、米を原料とした洋菓子やもちもち感のある米麺、餅等の製造に活用でき、油脂を使用しない低カロリー食品、小麦、卵、ゼラチンを加えない菓子等の製造が可能となる。
高アミロース米は粘りが少なく、炊飯米には不向きとされてきたが、本技術の適用により用途拡大が期待される。また、地域産の米を利用した高付加価値商品の開発等を通じて、農業の6次産業化の推進への貢献も期待される。


詳細はこちらから